葉酸を含む食品といえば、妊婦さんに必要な栄養素の代表格としてあげられることがあります。しかし、なぜ妊婦さんは葉酸を取らなければならないのでしょう?

 

このページでは、葉酸が持つ効果と妊婦さんが葉酸を取らなければならない理由、そして葉酸が多く含まれる食品についてご紹介します。

 

 

葉酸の効果とは?

血液あまり知られていませんが、実は葉酸は、細胞や血液に関係する重要なビタミンの一つ。遺伝情報の入った核酸の合成に関与しているほか、血液中の酸素運搬などに関わる赤血球の生成にも大きく関与しているなど、私たちが生きていく上で欠かせない栄養素なのです。

 

葉酸の効果としては、主に以下のようなものが挙げられます。

 

悪性貧血の予防

貧血には一般的な貧血のほかに、葉酸やビタミンB12の不足によって起こる「悪性貧血」があります。赤血球生成に必要な葉酸やビタミンB12が不足することで、赤血球がうまく生成できずに起こる貧血で、不治の病として恐れられていた時代もありました。

 

葉酸及びビタミンB12を十分に摂取することで、悪性貧血を予防することができます。











心臓病や動脈硬化の予防

動脈硬化説明図葉酸とビタミンB12などの栄養素を摂ることで、心疾患や循環器疾患などの原因とも言われる、ホモシステインの血中濃度を正常に保つことができることがわかっています。

 

ホモシステインとは、血液中に存在しているアミノ酸の一つですが、血中濃度が上がると動脈硬化を引き起こすと言われています。動脈硬化は心臓病などの心疾患などにつながることから、葉酸の摂取がこうした病の予防に効果的だということがわかっています。

 

他にも子宮頸がんの予防などにも効果的だと言われている葉酸。現代人を悩ませる、さまざまな大病を防ぐ効果が期待できる栄養素であることが分かりますね。

妊婦さんに葉酸摂取が推奨される2つの理由

体の根幹を作るために、重要な栄養素である葉酸。そのため、特にお腹に新しい命を宿した妊婦さんには、葉酸の摂取が国からも推奨されています。その主な理由についてご紹介します。

胎児の先天性奇形の予防

胎児がお腹の中で成長していく際、葉酸が不足したまま核酸やタンパク質の生成が行われると、神経管閉鎖障害(二分脊椎症)や水頭症などといった先天性奇形となる場合があります。神経管閉鎖障害となった場合、運動能力や性機能障害、排便障害などが現れる可能性があります。

 

また、無脳症などのリスクも高まると言われており、死産や流産となる可能性も高くなることがわかっています。

 

一方、近年は食生活の変化などにより、葉酸摂取量が比較的少なくなっていると言われています。そのため、神経管閉鎖障害の発症率が増加傾向にあることが分かっており、農林水産省から妊婦さんおよび妊娠準備中の人への葉酸摂取が推奨されています。

 

遺伝的に不足しがちな人がいる

実は同じ量の葉酸を摂取していても、遺伝的に葉酸が不足してしまう人がいることがわかっています。特に日本人の16%を占めるTT型という遺伝タイプの人は、意識的に葉酸量の多い食事をしていても、不足してしまうと言われています。

 

そのためTT型の人は、普段の食事以外にサプリメントなどから葉酸を摂取する必要があるのです。

どんな食品に多く含まれているの?

アスパラガス葉酸を意識的に摂取するためには、ブロッコリーやほうれん草、納豆などの摂取がおすすめです。他にも枝豆やアスパラガスなどにも、豊富な葉酸が含まれているので、特に妊娠初期は、これらの食材を意識して摂取するようにしましょう。

 

葉酸は私たちの体の中では合成できない栄養素です。だからこそ、生まれてくる子供のために、そして自分自身の健康のために、食品から意識的に摂取る必要があります。

 

食品だけで摂取できない時は、葉酸サプリメントを摂取するのもよいでしょう。妊婦さんの場合は、かかりつけ医にどんなサプリメントを飲むべきか、相談してみましょう。

知ってる?妊婦が葉酸を摂るべき重大な理由と摂取量・おすすめ食材

妊婦さんが意識して摂るべきと言われる栄養素の一つに、葉酸が挙げられます。しかし、葉酸は正直それほど有名な栄養素ではありません。中には妊婦になって初めて名前を聞いた、なんて人もいます。

なぜ妊婦さんは葉酸を摂るべきだと言われているのでしょうか?

妊婦さんが葉酸を摂るべき理由は?

妊婦さんが葉酸を摂るべきと言われている理由、それは神経や核酸、赤血球の生成に関わる栄養素だからです。

 

私たちの細胞一つ一つには、体の設計図とも言われるDNAや、タンパク質を合成する際に必要なRNAなどが含まれています。これらは核酸と呼ばれ、生命にとって重要な物質とされています。この核酸の合成に深く関わる栄養素の一つが葉酸です。

 

また葉酸は、血液中で酸素の運搬などを行う赤血球の生成にも関わっていることがわかっています。つまり葉酸は、私たちの体の基礎を作るうえで、欠かせない栄養素なんです。
これは胎児にも言えること。体の基礎を作っていく段階で、葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われなくなってしまう可能性があります。結果、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う可能性が高まることが、さまざまな研究から明らかになっているんです。

 

葉酸はいつから摂るべき?

カレンダー「それなら今から葉酸を取らなきゃ!」と思う妊婦さんも多いのでは。でも実は、妊娠がわかった段階から葉酸を摂りはじめたのでは遅いと言われています。

 

脳や脊髄など、生き物にとって大切な中枢神経の基礎になる神経板は、妊娠3週目ごろに作られます。しかし、ほとんどの人が妊娠に気づくのは、早くても妊娠4週目以降。つまり、妊娠に気づいた時にはすでに、中枢神経の基礎が出来上がっている状態なんです。

 

実際に、葉酸不足によって起こると言われる神経管閉鎖障害は、妊娠4週目までに起こると言われているほど。もちろんその後も、胎児の体はどんどん成長し、神経も血液も増えていくので、葉酸を摂り続ける必要はあります。

 

しかし、先天的な異常の可能性をできるだけ低くするためには、妊娠がわかる前から意識的に葉酸を摂取する必要があるのです。

 

つまり葉酸は、妊娠する前から飲み続けるのがもっとも望ましい摂り方。妊活をしているなら、ぜひ葉酸を摂取しておきましょう。

 

一方、すでに妊娠に気づいたという人も、遅くはありません、今からでも意識的に葉酸を摂取するようにしましょう。

 

妊婦さんが摂るべき1日の葉酸摂取量とおすすめの食材は

納豆実は葉酸は、国からも妊婦さんに向けて「意識的に摂取して下さい」と呼びかけられている栄養の一つ。厚生労働省によると、1日480μgの葉酸を摂取するよう推奨されています。

 

葉酸が多く含まれている食材には、枝豆やブロッコリー、アスパラガスやほうれん草などが挙げられます。しかし、葉酸は熱や水に弱いため、できるだけ生で食べたり、軽く炒めたりするだけに留めておくのがおすすめです。

 

また納豆も、葉酸が多く含まれる食品の一つ。納豆には葉酸以外に、マグネシウムや食物繊維など、妊婦さんにうれしい栄養素がたくさん含まれています。そのまま食べられるので、嫌いでなければ毎日納豆を食べるのがおすすめです。

 

食事で足りない分は葉酸サプリメントで補おう

サプリメントとはいえ、納豆1パックから摂取できる葉酸量は、約60μg。他の食材と合わせても、毎日意識的に480μgもの葉酸を摂るのは大変ですよね。

 

そんな時は葉酸サプリメントを活用してみては?実は厚生労働省も、推奨摂取量の480μgのうち、400μgについては、サプリメントで摂取することを薦めています。

 

食事だけで葉酸を補うのが難しいと感じたら、一度葉酸サプリメントの服用を検討してみてはいかがでしょうか?

一言で「葉酸サプリメント」と言っても、世の中にはたくさんの商品が出回っています。あまりの種類の多さに「どれを選んでいいのかわからない」と、迷ってしまうことってありますよね。

そこでこのページでは、妊婦さんが知っておくべき、葉酸サプリメントの選び方のポイントを3つご紹介します。

1.天然由来の葉酸を選ぶ

葉酸サプリメントを購入の際は、天然由来の葉酸を選びましょう。

実は葉酸サプリメントには、天然由来のものと、化学合成によって作られたものの2種類があります。天然由来の葉酸とは、ホウレンソウやブロッコリーなどの食品から抽出した葉酸を、吸収しやすい形に変化させたものです。もう一つは石油などから人工的に作られた葉酸です。

どちらも葉酸であることに変わりはないのですが、化学合成によって作られた葉酸を摂取すると、まれに赤ちゃんが喘息になることが、研究から明らかに成っています。

こうした可能性を少しでも減らすためにも、葉酸サプリメントを選ぶ際は、天然由来の葉酸が使われたものを選びましょう。


2.無添加・無着色のものを選ぶ

胎児への影響を考え、サプリメントは無添加・無着色のものを選びましょう。

添加物や着色料の全てというわけではありませんが、ソルビン酸やコチニール色素といった添加物や着色料については、胎児の発育に影響を与えると言われています。

添加物や着色料は、私たちが普段口にしている加工物にはほぼ入っていると言われるものです。これはサプリメントにもいえること。残念ながら、添加物や着色料が使われているサプリメントも少なくありません。

少しでも胎児の発育を考慮するなら、無添加・無着色のサプリメントを選ぶようにしましょう。

3.他の栄養素が含まれているものを選ぶ

葉酸葉酸サプリメントの中には、カルシウムや鉄分、マグネシウムなど、妊婦さんが摂っておきたい他の栄養素が含まれているものもあります。

例えば明治のサプリメント「ローラ」シリーズには、葉酸と鉄分が一緒に摂れるサプリメントが販売されています。血液量が一気に増える妊婦にとって、鉄分は葉酸同様に摂っておきたい栄養素の一つです。

またピジョンのサプリメントには、葉酸と鉄分、そしてカルシウムの3つが含まれている「葉酸カルシウムプラス」という商品があります。

特につわりのつらい時期などは、葉酸だけでなく他の栄養素も摂りづらいもの。そんな時、他の栄養素を含んだサプリメントの存在は、とても心強いものではないでしょうか。

葉酸以外の栄養素にも気をつけたいなら、こうしたサプリメントもチェックしてみては。

葉酸サプリメントは、妊婦さんの強い味方。選び方に悩んだ時は、今回のポイントを参考にしてみてくださいね。

葉酸不足が妊婦さんに与える怖い影響と不足を避ける3つの心がけ

妊娠したら意識的に摂るべきと言われる葉酸。しかし、実際に葉酸が不足していても、あまり妊婦さん自体の体には、目に見える悪影響は感じられませんよね。そのため「葉酸を摂らなくても大丈夫なんじゃないの?」と思ってしまう妊婦さんもいるかもしれません。

葉酸不足が妊婦さんに及ぼす影響とは?

胎児葉酸不足が妊婦さんに及ぼす悪影響には、妊婦さん自身の体に降りかかるものと、胎児に降りかかるものの2つがあります。中でも怖いのが、胎児に降りかかる悪影響です。

 

葉酸は細胞分裂や赤血球の生成に関わる栄養素。特に、体の設計図とも言われるDNAなどの合成に関係しているため、驚異的な速さで細胞分裂を繰り返し、大きくなっていく胎児の成長に欠かせない栄養素なんです。

 

特に必要とされるのが、妊娠直前から妊娠初期にかけて。この時期の葉酸不足は、神経管閉鎖障害などの先天性奇形のリスクを高めてしまうことがわかっています。

とはいえ、胎児への影響は妊娠初期の妊婦さんには実感できないもの。こうした認識もあってか、近年、神経管閉鎖障害の胎児が増えていると言われているのです。

 

また葉酸不足は、妊婦さんの体にも影響をおよぼすことがあります。よくあるのが悪性貧血と呼ばれる、葉酸とビタミンB12の不足によって起こる貧血です。

 

妊婦さんは貧血になりやすいと言われますが、これは妊娠中、胎盤や子宮に血液を送るために、体内の血液量が急激に増加するのが原因と言われています。

 

しかし葉酸や鉄分などが不足すると、血しょう(水分)だけが増えてしまい、結果、酸素や鉄分を運搬する赤血球が不足することで、貧血に至る恐れがあります。

 

特に葉酸不足によって、正常に赤血球が生成されない悪性貧血は、鉄分摂取だけでは解消されません。鉄分だけでなく葉酸をしっかり摂ることで、妊娠中の貧血を防ぎましょう。

 

葉酸不足を防ぐための3つの心がけ

気づかない間に、妊婦さんだけでなく胎児にも影響をおよぼす葉酸不足。母子ともに健康でいるためには、以下3つを日々心がけるようにしましょう。

 

葉酸が多く含まれている食品を毎日食べる

野菜葉酸は体内では生成できない栄養素。しかも水溶性ということもあり、尿などから排出されてしまうので、毎日摂取する必要があります。

 

厚生労働省は、1日350gの野菜を食べれば、神経管閉鎖障害の発症リスク低減できるとしています。葉酸はブロッコリーや枝豆、納豆などに多く含まれているので、こうした食品を日々摂取するよう心がけましょう。

 

ただし前述のとおり、葉酸は熱や水に弱いため、できるだけ生で食べられるものや、あまり火を通さずに食べられるよう調理するのがおすすめです。

 

カテキン摂取や喫煙を避ける

緑茶などに豊富に含まれるカテキンは、葉酸の体内吸収を阻害すると言われています。同様に妊娠中の喫煙も、葉酸の吸収を阻害してしまうことが報告されています。

 

妊娠中はできるだけカテキンの入ったものを避けましょう。また、妊婦さん自身の喫煙はもちろん、旦那様にも喫煙を控えてもらったりすることも大切です。

 

葉酸サプリメントで不足分を補う

葉酸サプリ食品だけで毎日の葉酸摂取量を補えない場合は、葉酸サプリメントを利用しましょう。

 

サプリメントの必要性については、厚生労働省からも、一日400μgの葉酸をサプリメントから摂取するよう認められています(厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」より)。

 

ただ、サプリメントはあくまでも普段の食事で摂取できない分を補うためのもの。サプリメントをメインに葉酸を摂取することは避けましょう。
葉酸不足は妊婦さんだけでなく、胎児にも重大な影響をおよぼす可能性があります。毎日の食事で意識的に葉酸摂取を心がけ、不足分はサプリメントで補うよう気をつけましょう。

 

※参考資料
神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進についてhttp://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

摂り過ぎ注意!葉酸の過剰摂取による副作用と予防方法

「妊娠したら、とにかく葉酸を摂らなきゃ!」と、サプリメントを過剰に摂取していませんか?実は葉酸の過剰摂取は、副作用を引き起こすと言われています。

葉酸の摂り過ぎによる副作用とその原因は?

葉酸を過剰摂取すると、以下のような症状が起こることが報告されています。

吐き気

・吐き気

・むくみ

・食欲不振

・不眠症

・紅斑

・かゆみ

 

過去にはアナフィラキシーショックや、肝障害を起こしたという事例も報告されています。

 

こういった話を聞くと、葉酸を摂るのが怖くなってしまいますが、葉酸は本来、食品からの摂取だけで過剰に摂取してしまうことはほとんどありません。その理由は、水溶性のため日々尿から体外に排出されてしまうため。

 

そのため葉酸は毎日摂取する必要があり、通常であれば不足しがちな栄養素の一つとしてあげられることがほとんどです。

 

葉酸を過剰摂取してしまう原因とは?

摂取量を守らずにサプリメントなどを服用すると、過剰摂取となる場合があります。

 

厚生労働省が発表している「 日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、18歳以上の男女の耐容上限量は900〜1000μg。一方、葉酸を多く含む食品を見ても、ブロッコリーを半株(約50g)食べたとしても、摂取できるのはわずか105μgとなっています。

さらに葉酸は水や熱に弱いので、実際の摂取量は半分程度。いくらブロッコリーが好きな人でも、毎日1kg以上食べるのは無理ですよね。

しかし、葉酸サプリメントは錠剤なので飲みやすく、さらに体内に取り込まれやすい形になっています。だからこそ、摂取量を守らずに服用を続けてしまうと、過剰摂取による副作用を引き起こす可能性があるのです。

サプリメントは食事だけでは不足しがちな栄養を補うことを目的としています。過剰摂取を防ぐためにも、必ず摂取量を守るように注意しましょう。

 

1日に摂取すべき葉酸の量は?

看護師ちなみに18歳以上の男女の葉酸摂取推奨量は240μg、妊婦さんの場合は胎児の発育のために、厚生労働省から480μgの葉酸摂取が推奨されています。

しかし、先ほどもご紹介したとおり、日々の食事だけで推奨量を補うのはなかなか大変。つわりの時期ともなれば、なおのことです。

そんな妊娠時期に活躍してくれるのが、葉酸サプリメントです。どんなサプリメントにも、パッケージには1日の摂取目安が書かれているはずです。服用前は必ず摂取目安を確認し、容量を守って服用しましょう。ちなみに、ちょっとハナシはずれますが、妊娠中に私はエンビロン化粧品を愛用してました♪。特に問題はなかったですよ♪ エンビロンはビタミンAの配合率が高い化粧品ですが、なかなかの高機能スキンケア用品です。ビタミンA配合なので妊娠中はじめて利用する時は注意が必要かもしれませんが、葉酸とともにキレイなママでいるために私はスキンケアもちゃんとしてました!

※参考サイト
日本人の食事摂取基準(2015年版)
www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf